本文へスキップ

Tomura Ladies Clinic

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-841-3599

〒658-0046 神戸市東灘区御影本町4丁目11-5

診療案内medical info


登村レディスクリニック  mixiチェック

診療内容

  • 産 科: 妊娠検査/診断 ・ 妊婦健診 ・ 胎児の4D検査 ・ 胎児の性別判断
  • 婦人科: 子宮がん検診 ・ 乳がん検診 ・ 月経不順 ・ 乳房ケア ・ 不妊症 ・ 避妊      更年期外来 ・ 妊娠中絶手術  ・ ブライダルチェック

診察時間

 
午前09:00〜12:00
午後04:00〜07:00


外来担当医師

 登村尚明 院長 :
 
午前09:00〜12:00
午後04:00〜05:00

 登村正之 副院長 :
 
 
午前10:00〜12:00
午後05:00〜07:00
 
 

注意事項

  • 日曜/祝日は休診です。ただし、通院患者様の急病の場合はこの限りでありません。
  • 通常でも待ち時間は短いのですが、予約診療も一部は可能です。
  • 診療終了の30分前にご来院ください。
  • 保険証はひと月に一回は必ず提出してください。保険証お忘れの場合は自費診療になる恐れがあります。

このページの先頭へ

FAQ   よくある問い合わせ

  • 会陰切開は必要ですか?
      出産のときに、赤ちゃんの通る道を広げるために、産婦人科の医師たちがよく行われるのが会陰切開です。つまり、膣と肛門の間(会陰)をハサミで切開する術式ですが、産後の痛みや不快感が残る可能性があります。
      
      当院では原則として会陰切開を行わないで済むように、赤ちゃんが自ら通る道を広げながら生まれるよう、お母さんと一緒に、赤ちゃんを誘導することで会陰切開を回避でることを目標としています。傷なく出産ができれば、産後の生活がかなり快適になることでしょう。
      
      もちろん、緊急の時にやもえず会陰切開を行うときもありますし、会陰切開せずに出産の後に最小限の傷ができた時には、最新の溶ける糸を使用して丁寧に縫合することによって、痛みも少なくてすむし、ほとんど傷がわからなくなるぐらい治ることができるので、安心していただけると思います。
  • 帝王切開はどんな時に必要ですか?
      帝王切開が必要なケースはたくさんあるので、すべて並べると大変ですが、大まかに3つ考えられます:
      @前回帝王切開や子宮の手術の既往(子宮筋腫の手術など)の場合:昔は経腟分娩(VBAC)というやり方もありましたが、子宮破裂という悲劇が多発していました。最近は帝王切開の方が安全ということで、当院も帝王切開が必要と考えます。
       
      A逆子(骨盤位)、多胎妊娠(双子かそれ以上):経腟分娩も可能な場合は当然ありますが、生れた赤ちゃんは仮死になることが多くありました。なかには脳障害、あるいは死産になるケースも存在します。リスク回避という意味で、に最近はほとんど帝王切開が主流になっています。
       
      B母親あるいは胎児に危険な状態の場合:前置胎盤、常位胎盤早期剥離、妊娠高血圧、胎児仮死まど、当然緊急帝王切開が必要になるでしょう。


登村レディスクリニック登村レディスクリニックTomuraLadiesClinic

〒658-0046
兵庫県神戸市東灘区御影本町4丁目11-5
TEL:  078-841-3599
FAX:  078-841-3654

Email: お問い合わせフォーム

登村レディスクリニック 産婦人科 〒658-0046 兵庫県神戸市東灘区御影本町4丁目11−5 TEL:    078-841-3599 メールアドレス:    tomuralc@gmail.com HP:    http://www.tomuralc.com